薩長田布施朝鮮人マインドレイプ集団ストーカー被害記録

思考盗聴被害者の訴えと統合失調症という精神病思の症状が一致してるのは偶然ではなく、思考盗聴技術の被害者を隠蔽するための加害者サイドに沿った恣意的法律です 創価学会職員を中心とした被害告発、記録ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【再】クローズアップ現代

4/21クローズアップ現代は、広島市西区に住む思考盗聴創価学会員、

谷洋一郎の悪意の言葉に沿い、アスペルガー症候群をブログ主になぞらえた



コイツらは何兆回説明してやっても、悪意でブログ主を

アスペルガー症候群の症状に機械的にあてはめる



ついこの前まではブログ主の被害下にある心理による痛々しい日本語について

被害のみをシカトして騒いでたかと思えば、今回はアスペルガー症候群の症状に合わせ、

『アスペルガー症候群の人には論理的思考が得意な人もいます』だとよwwww



所詮はクローズアップ現代



知性などありはしない



アスペルガー症候群とは、人類の敵、アクト中食青柳雄二の悪意を、

まだ見ぬ思考盗聴により世界中に吊し上げてやったことで有名になったブログ主の

その成果を確実に矮小化するための布石として考え出した、非常に巧みなウソである



青柳雄二の人格障害と悪意と絶妙な嫌がらせと他人の操作などを隠し、

全てはこちらがアスペルガー症候群で、適度な加減が取れないからだとしたのだ



ウソは民主主義の敵どころか、人類の敵である



青柳雄二はブログ主に無視されることが許せなかったのだ



だからこそ無茶を言って懇願を引き出した上で、優位に立ちながら、

いわゆる自分の思ったようなキャラクター、振る舞いでいたかったのだ



本当の話、コイツは流れの中卒のラッパズボンのフリーターだ



そう言うと、バカテレビがヒィヒィと偽善的に学歴差別を批判し、

青柳雄二を庇うバカが人格の類推に繋がるためのヒントを消すが

コイツらは悪意で意図してやってやがる



人の心理操作だけは異様に上手かったのは分かったが



そして、最低最悪の自己愛性人格障害者の歪んで肥大化した自己顕示欲、

早い話が本物の絵に描いたようなジャイアンで、もっと強力で陰湿なバカだ



コイツはバケモノだ



だからブログ主は、このバケモノがクビになる以外の方法で解決させたくなかった



だからこのバケモノを無視しようとした



もちろんバカジャイアンはそれが一番許せない



だから嫌がらせをし続けた



それを全てブログ主に被せようというのがアスペルガー症候群というウソだ



もはやクローズアップ現代には知性など無い



思考盗聴を許せないと怒るブログ主を、アスペルガー症候群になぞらえ、

『適度、適当が出来ない、融通がきかない』と揶揄する



広範な知識や敬虔や、どれだけ良い、高尚な思想を持っていようと、

思考盗聴マインドレイプを許容するバカは酔っ払いである



これは、報復の意味ではなく、本人やその家族が思考盗聴

パブリックビューイングされてからでないと分からないのではないか



クローズアップ現代がブログ主と、最低でも大阪の女性にした屈辱を

クローズアップ現代にも同じようにする



それに対しクローズアップ現代が怒ることでアスペルガー症候群になる



青柳雄二の嫌がらせで辞めて行った幾人かは皆アスペルガー症候群か



言論の自由のみ食い散らかして責任は取らない人間に知性は無い



生半可振り回す知性ぶった平凡以下の出来ないサラリーマンだ



イビリや嫌がらせをイビリや嫌がらせだと言わない人々と、

イビリや嫌がらせをそう見せない本人達の演技に対するエネルギーの傾注度



ここに注目する思考盗聴ユーザーは、さんまのほんまでっかTVと

何年か前の恐らくテレ朝の深夜の名倉潤の番組だけだ



汚い人間を汚いと上っ面だけでも言えないほど汚い人間に共感する汚い人間ばかり



これがテレビなのだ



同日の再放送で最初から見た



上司と上手く行かない、社会不適応を人格障害者の悪意や人心工作を棚上げしたものだ



専門家が詳しく述べれば述べるほど、ブログ主とは完全に異質のものと分かる



それを分からせないでブログ主をアスペルガー症候群と

人々やブログ主にまで遠まわしに連想させる谷洋一郎の工作



何故それには触れないのだろうか



それと、アスペルガー症候群が何故今世の中に急に取り上げられたか、

という問いに対する答えが非常に曖昧だ



端的に書いていくが、アスペルガー症候群の特徴に、異常なまでのこだわりというのがある



クローズアップ現代では、時間に対するこだわりを例にしている



谷洋一郎の時も分からなかったが、クローズアップ現代がそれを明かした



青柳雄二が時間のことでブログ主を追い詰める武器にし、

それに反応したことを表面的に捉え、時間に対する『凄いこだわり』と当てはめる



この気持ち悪い番組の何が知的か知らないが、もはややってることは谷洋一郎に近い



コミュニケーションが苦手で文章の方が表現できる、とも



考えを誤解なく伝えるために言葉を前もって選んで用意しておくのは当たり前なんじゃないのか



そして相変わらず人間関係が苦手苦手と、悪意丸出しの青柳雄二、三浦勝也、

吉川なおき、末本克也を『フツー』と扱い、ブログ主がアスペルガー症候群だからと結論付ける



こちらの人格を如何にして積極的に踏みにじろうかという人間、

クローズアップ現代のようなキチガイに何のコミュニケーションがあるだろうか



事実を述べても無視し嫌がらせを重ねる人間に何のコミュニケーションがある



健全な人間相手と普通に話をするブログ主は無視するクローズアップ現代や谷洋一郎やアメリカabc



吊し上げてその仮面の下の本性を晒すだけだろう



で、それは意識も明白なのに悪意で嫌がらせの山を築き上げ、

反省もしないどころかこちらをアスペルガー症候群呼ばわりする人格障害者を

人格障害者だと呼んだことへの報復か?



大阪の女性に対する攻撃の理由は何故?



クローズアップ現代には知性など無いのである
スポンサーサイト
  1. 2010/06/02(水) 16:31:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【再】フジテレビの気持ち悪い詭 弁 | ホーム | 【再】4/21NHKこだわり 人物伝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://killpsychopath.blog130.fc2.com/tb.php/9-ad4b1d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。