FC2ブログ

薩長田布施朝鮮人マインドレイプ集団ストーカー被害記録

思考盗聴被害者の訴えと統合失調症という精神病思の症状が一致してるのは偶然ではなく、思考盗聴技術の被害者を隠蔽するための加害者サイドに沿った恣意的法律です 創価学会職員を中心とした被害告発、記録ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖教新聞チャソ

今日は貴様らに勉強をさせてやる



今日付け名字の言引用



>『論語』(金谷治訳注)には「我れ三人行なえば必らず我が師を得」とある。三人で行動したら、そこに自分の師を見つける。常に向上していこうとする心を持てば、皆が我が師であり、学び合うことができるのだ



同意する



しかし貴様ら思考盗聴創価学会員には向上心が無い



大チャソにしても名字の言にしても、それぞれ神妙な雰囲気で

意義を語ったり、詭弁を労したり、たまには同意できることもほざく



しかし貴様らは、人が人の思考を盗聴する行為単体についても、

あるいは創価学会員がそうで無い者に思考盗聴を利用して

絶大なる嫌がらせを行う行為については避けている



それは、創価学会が思考盗聴を使っているという事実が

他の思考盗聴ユーザーと同じく公になっていないだけの理由ではないはずだ



他人は何を考えているか分からない



だからと言って、いの一番に他人の頭を直接覗く行為は、

三浦勝也をあてがうクソバカ人格障害者は、自分達は輝くだ可能性は無限だなどと

尊い尊いとほざくのは何だ



醜い自語相違であるが、それを言うのではない



創価学会にそれが充満していることは、それ自体が既に仏界を否定している



宗旨に著しく背いている



しかもだ



悪を為した人間を尊い尊いとほざき、悪を指摘する人間を憎み、脅している



貴様らは事実を見さらせ



何故三浦勝也をあてがう人種は、その場にそぐわない怒りに満ちているのか?



それはとどのつまり、自分達の否定された日々を彷彿とさせられ

ブログ主を憎んでいるのだろう



自分に湧き上がるウソや言い訳やすり替えに身を任せるのは外道だ



教義に無いオリジナルのカルト教義に身を任せても、

結局そのカルト教義は偏狭な己義のすり替えに過ぎない



オマエは俺の何にムカつき、何をしたのか



すり替えることなく答えてみせろ



筋金入りのカタワはいつも自分の内的動機を他のモノに差し替えて自分と他人を騙す



俺が三浦勝也を無視して、それの何がオマエらはムカついたのか



事実を認めねば反省も反論も出来ない



オマエらは今その状態にある



事実を認めて反論することも反省することも出来ない



ただ湧き上がるその怒りを別のモノに差し替えて恨み節をほざく



三浦勝也は青柳雄二に加担し、嫌がらせをした人間である



その嫌がらせを貴様らはいつの間にか、まず正しいとしている



そこが全く個人的で恣意的な偏りや感情で判別されているのに

まるで自分達を宇宙の法の番人、代理人かのように扱うようほざく



オマエらは俺が三浦勝也をシカトすることの何がムカついたのか



そのムカつきこそが人格障害者のものだ



何故そのムカつきを別なモノに言い換えて正当化するのか?



そんな恣意的感情を何故言うべきか否かも疑わず、

自分が正しい自分が正しいという気持ちがとめどなく湧き上がるのか



そして、美辞麗句や詭弁でそれを正当化し、ブログ主に何をしたのか



オマエらが理解しようとするまいと、思考盗聴マインドレイプした上に更に

脅しに切り文による強要の罪の犯行動機以外にはなりえない



そこに気付かないどころか、自分を尊重せよ、無視するな

そんな怒りと被害者感情で満たされていること



貴様ら外道は他人を害しても気付くことすら叶わない外道である



思考盗聴マインドレイプして自分達を尊べ、三浦勝也を無視するなと、頭がオカシイのだ



このクソバカ外道



自分達の歪みを反映せず受け入れない俺が憎い理由を見ろキチガイ創価学会員



それでは他人を訓することもままならないのも分からない



他人から見て見えない部分を虚飾するのが創価学会か



自分の事実を曲げるな外道
スポンサーサイト
  1. 2010/06/10(木) 22:18:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NHKニュースウォッチ9 | ホーム | 6/10 20時30分頃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://killpsychopath.blog130.fc2.com/tb.php/80-5698ef90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。