FC2ブログ

薩長田布施朝鮮人マインドレイプ集団ストーカー被害記録

思考盗聴被害者の訴えと統合失調症という精神病思の症状が一致してるのは偶然ではなく、思考盗聴技術の被害者を隠蔽するための加害者サイドに沿った恣意的法律です 創価学会職員を中心とした被害告発、記録ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖教新聞名字の言

6月6日16:40頃に掲載したこのブログの記事を読んで書いたようだ



本文途中と最後のみを抜粋して反論する



【本文】一度や二度でめげることなく、くり返して対話する大誠実が、相手の心をときほぐす。



【反論】もう本文の出だしから、ブログ主に取り憑く人格障害者と分かる



ブログ主の直視を恐れ、怒る



青柳雄二か三浦勝也のどちらかをかばい立てした人間である



こちらの欠点を責めることで、全人格や嫌がらせの全容を追及させないやり口



そして、人格障害者の全人格、嫌がらせの全容、構図を直視し

人格障害者を無視、蔑視するブログ主に、誠実さを要求しているのだw



無視が一番効くのはどうやら本当らしいことは折りに触れて思い知らされる



悪を認めさせるにはオマエらウソの本体の人間に対しては

無視、遠巻きを保ちながら事実を突きつけ、間違いを認めさせることからだろう



オマエらのほざく『大誠実』とやらは、嫌がらせを無かったことにするものだ



社会的に処罰すべき人間に、大誠実と称して親しめと貴様らは一貫してのたまう



無視されるべき人間をブログ主が無視している状態が辛抱たまらないからだ



その病的臆病を隠し、別の理由で攻撃してきたのがオマエらである



そこに居たら命が無い、だの、その脅しが既に脳内削除している



『加害者のほうはやったことは忘れる』とも日テレでは説明していた



オマエらを改心させることは、やったことを無かったことにするのではなく、

無視されるべくして無視されたことにヒステリックにキレるテメー自身の姿を突き付け続けることだ



それを今正に思考盗聴越しにネット越しにやっている



人に嫌がらせをしといて自分を他人以上に尊重すべきという(弥)の仲間だ



その人格障害者の内心に対する直視にケチをつけて

自分の人格障害由来の特殊な心理的性向を隠す



(弥)も思考盗聴ユーザーなら、思考盗聴越しにこの恥ずかしい集団ストーカーを見るのだろう



会ったこともないのに正当化しながら『俺は強い、オマエは弱い』だのと言いに来る



そして三浦勝也を放置することを大義名分に

佐藤型鋼製作所でのハラスメントに始まり、威圧、脅しで、

ブログ主を常に抑圧下に置こうとしてきたその異常性を

人格障害由来の特殊な心理的性向により(弥)含めた

青柳雄二と三浦勝也を守る人格障害者の会である



また今回、人格障害者の陰湿さ強かさについて触れず

ブログ主に勇気が無いときたw



人格障害者は外道である



自分のやったことを必ず棚上げにし、こちらの修行途中の落ち度として少々の不足を説く



貴様らの発言がどれほど的外れなものか、貴様らが名を挙げて叩く人物に重ねれば分かるだろう



極端な傲慢さと極端な卑屈さを同居させた人物



ブログ主を見れば傲慢さが溢れ出よう



言葉尻の問題ではない



傲慢さと卑屈さの同居する人物の内心とは、傲慢さと卑屈さが並列しているのではない



極端な卑屈さがまず先であり、それをカバーするために傲慢さが必要になる



自己愛性人格障害について重々調べて自分はどうか問え



【本分】まずは、自分の臆病な心、弱い心と戦い、乗り越えよう。「いまだこりず候」の御聖訓こそ、われらの魂である。(弥)



【反論】これだw



変わるべきは貴様らで、変えさせるのはこの場合は証拠を突きつけ処罰する権力である
スポンサーサイト
  1. 2010/06/08(火) 22:24:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アスペルガーの次は | ホーム | 指示者ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://killpsychopath.blog130.fc2.com/tb.php/69-2e8c6761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。