薩長田布施朝鮮人マインドレイプ集団ストーカー被害記録

思考盗聴被害者の訴えと統合失調症という精神病思の症状が一致してるのは偶然ではなく、思考盗聴技術の被害者を隠蔽するための加害者サイドに沿った恣意的法律です 創価学会職員を中心とした被害告発、記録ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮に日本を売る政治家 (在日外国人参政権から考える)

コピペ
http://www.google.co.jp/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://nippon-senmon.tripod.com/column/gaikokujin_sanseiken.html&source=s&q=%E5%B1%B1%E5%86%85%E4%BF%8A%E5%A4%AB+%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE

北朝鮮に日本を売る政治家
(在日外国人参政権から考える)
何故、在日外国人参政権が日本を売ることになるのかということに関して言えば、政治的側面と学術的側面とがあります。
政治的側面は、社民党(日本)と朝鮮労働党(北朝鮮)の友党関係に代表されるものです。共産党は、朝鮮労働党との友党関係を絶っていたとはいえ、以前の友党関係がありますし、復縁の機会を狙っています。また公明党は、朝鮮総連と協議して、在日外国人参政権を認めた上で、朝鮮人を日本に招き入れるということを決定しています。民主党の旧社民党議員や自民党の左派も、北朝鮮との友好関係があり、人道的援助の裏でキックバックを貰っています。
結局、自民党右派だけが、北朝鮮との関係が無いのであり、他の勢力はどこも北朝鮮シンパなのです。それが、次のアンケートに良く表れています。というのは、被参政権まで認めると主張している議員がいるからです。
そもそも外国人参政権は、最高裁の判決で否定されました。国民=住民であるからです。しかし、在日外国人参政権を認めることは違憲とはいえなくもないとの補足があり、賛成派はこれを最高裁が認めたと言っているのです。
在日外国人参政権の賛否は、「北朝鮮による日本人拉致事件以前に、すなわち北朝鮮=悪という意識が日本人に育つ前に、決定している」のです。
在日外国人参政権は、北朝鮮シンパが賛成しています。
特に、「社民党は、朝鮮労働党との友党関係」があり、「公明党は、朝鮮総連との協議による日本乗っ取り計画」を考えています。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/27(日) 07:05:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マインドレイプ集団ストーカーその他電磁波攻撃について教えて下さい | ホーム | 鮫島純一郎政権の官房長官、安倍壺三の海外バラまき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://killpsychopath.blog130.fc2.com/tb.php/2954-7b924cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。