FC2ブログ

薩長田布施朝鮮人マインドレイプ集団ストーカー被害記録

思考盗聴被害者の訴えと統合失調症という精神病思の症状が一致してるのは偶然ではなく、思考盗聴技術の被害者を隠蔽するための加害者サイドに沿った恣意的法律です 創価学会職員を中心とした被害告発、記録ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【再】モラ・ハラの定義

ネットで見つけたモラ・ハラについて触れてあり、

集団ストーキングにソックリだと思ったので貼ります↓



モラルハラスメントは狡猾で、残酷で、陰険な暴力です。それはほとんど目に見えないだけに、いっそう危険なのです。ちょっとした数回にわたる攻撃によって行われますが、そういった攻撃はしばしば証言をともないません。言葉によらない攻撃もあります。あるいは二重の解釈のできる内容であるという理由から、曖昧なものです。別々にみればそれぞれの攻撃はそう深刻なものではありませんが、頻繁に繰り返され小さなトラウマの積み重なる効果こそが攻撃となるのです。
仕事におけるモラ・ハラは次のように定義されます。「繰り返し、あるいは体験によって、尊厳あるいは被雇用者の精神的あるいは肉体的に存在を脅かす、すべての悪意ある行動(動作、言葉、振る舞い、態度…)」。それは仕事を脅かし、仕事の環境を劣化させます。少しずつアイデンティティー、役割、職、地位、イメージをうばい、社会から少しずつ忘れさせ、象徴的に消し去ってしまうことによって、当事者を集団から追いやることがモラ・ハラの目的です。
すべての方法は加害者にとって都合のいいものです。加害者は標的とした人物の崩壊を目論み、目標と利益を得ようとして有害な行動をとることを気にかけません。
中略)
ハラスメントの状況の進展
 ハラスメントはちょっとしたことから生まれ、陰険に広がっていきます。初期段階では、それに関わる人は相手の気分を害することを望まず、ごく気軽な気持ちで当てこすりをしたりします。次に、これらの攻撃は多様なものとなります。犠牲者は長期にわたって定期的に、不利な状況に追いやられ、敵の策略に屈してしまいます。
ある集団内に、対立関係が生まれることはよくあることです。苛立ちと不機嫌のはずみから来る皮肉や指摘はそう意味あるものではありません。ましてやもしその後に謝罪が行われるならば、なおさらです。攻撃は自尊心を傷つける言動、侮辱の繰り返しによって行われます。人格の破壊を繰り返すのは、何の遠慮もなく行われる侮辱、恥辱の繰り返しです。
卑怯さ、エゴイズム、あるいは恐れから、職場の取り巻きの人たちは距離を置きたがります。このつりあいのとれない破壊的な相互作用が生じる時、もし外部の人間が精力的に干渉しなかったら、それは拡大されるばかりでしょう。
その現象は循環する現象なので、対立の原因が誰にあるか探ってみたところで、なんの役にも立ちません。時には対立の原因は忘れられることさえあります。加害者が故意にとる行動は、犠牲者の不安を引き起こす目的で、それは被害者において防衛的態度を引き起こし、その防衛的態度は新たな攻撃を生み出すのです。犠牲者はどんなことを考えだしても、どんなことをしても、加害者はすべて逆手にとって犠牲者を陥れます。その策略の目的は、被害者を当惑させ、完全に混乱させ、過失を犯すように導くことです。



↑まさに集団ストーカーww



そして『青柳雄二』『谷洋一郎』にソックリww



事実上、こういう輩や集団ストーキング指示者みたいのは

見つけ次第殺すしかないように思う



誰かが24時間監視するわけにはいかないし



テクノロジー犯罪、人格障害者については早急に対策が必要だとおもた
スポンサーサイト
  1. 2010/06/02(水) 16:56:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【再】5/29はいキタW | ホーム | 【再】5/29集団ストーキン グ報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://killpsychopath.blog130.fc2.com/tb.php/19-0e580df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。