薩長田布施朝鮮人マインドレイプ集団ストーカー被害記録

思考盗聴被害者の訴えと統合失調症という精神病思の症状が一致してるのは偶然ではなく、思考盗聴技術の被害者を隠蔽するための加害者サイドに沿った恣意的法律です 創価学会職員を中心とした被害告発、記録ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3/31名字のチョン

【本文】
日蓮大聖人は「釈尊は孝養の人を世尊となづけ給へり」(御書1065㌻)と仰せになり、「父の恩の高き事・須弥山猶ひきし・母の恩の深き事大海還って浅し」(同1527ページ)と記されている。父母の恩に報いる中に人間の真髄があり、父の恩は須弥山よりも高く、母の恩は大海よりも深いと

【反論解説】
師恩は親の恩を上回るなどとほざいたことからそう変わったのは何かを明かさねば話になるまいに

対話だ傾聴だと振り回しながら誤魔化しの山、脅しの山、あんたらは馬鹿じゃないのか

結局全ては自分達朝鮮人の異常な精神に都合良いことを一方的に主張するだけ

自分達の異常さが間違っているかいないかなど全く関係ない

仏性があるなら九界もあろうに、朝鮮人にかかれば九界が無いことになっている

いつの間にか自分には仏性しかなくなり、完全無欠の無謬の存在になっている

常識が無いとはこのこと

いつの間にか変遷してったんじゃなく、ブログ主の正しい行動が憎らしく、
教義教条を越えても自分達は間違ってない、そんなキチガイの心理が手に取るように分かる

そんな人間がまた何を言い出したのか

結局根っ子にあるのは『自分達に都合良くやってる』しか無い

キチガイの心理の歪みを浮かび上がらせ指摘する信仰ではなく、
キチガイが善人のフリを自他にする口実でしかない

そんなキチガイがまた我が物顔で御書を引くな

父親を殺したかも知れない池田大作が、そのことを黙ることと三浦勝也をあてがうことを強要するために説いたのが邪義なら邪義としろ

朝鮮人には常識の欠片も誠意の欠片も無い

【本文】
咲き誇る桜に、散る桜。

【反論解説】
創価学会は咲いた桜か、日蓮正宗は散る桜か、ブログ主はマインドレイパーらを無視し朝鮮人を無視し有名人にならないことは咲かない桜か

日蓮は平左右衛門尉頼綱に12年も流罪にされ平左右衛門尉頼綱に親のような親しみで接せられ満足させたから咲いたのか咲かずに散ったのか

ブログ主は朝鮮人らをこうも本性を露わにさせたことで宇宙大の桜の木だと思っている

これが咲いてる状態なのかまだ開花はまだなのかは朝鮮人らには分別はつくまい

分別はつかないことを朝鮮人は認められまい

その重大な歪みを正しいとし、罪も罪としない、出来ない人間に論理的には仏性はあっても事実上は無いに等しい

【本文】
春の夜空には北斗七星や、しし座のレグルスが輝く。寒さも和らいだこの季節、空を見上げる機会がすっかり増えた。空を見つめることは、心を見つめることにつながる。支えてくれ、見守ってくれた全ての人たちに感謝し、前へ歩き始めよう。(和)

【反論解説】
不気味なほどに邪悪な存在が創価学会やマインドレイパーの中にいないことになっている

悪人の悪を咎めず善人扱いする寛容な気分だけが自分を正当化している

薄気味悪い邪悪な生き物の集まり、所詮はコリアンマフィアに興味は無い
 
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 22:13:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。